シロアリ被害と言えば木造家屋です。しかしシロアリの生命力や繁殖力はすさまじく、鉄筋やコンクリートの家にも侵入してコロニーを築く事例も多々報告されています。

シロアリの生きる力に驚きつつも、しっかり自宅を守るためにはどうすればいいでしょうか。

なぜシロアリが侵入できるのか

鉄筋やコンクリートの住宅をシロアリから守る鉄筋を使用した住宅と言えども、床や壁まで鉄でできている訳ではありません。家の骨格は鉄筋ですが、その他の人が触れる部分は木材で覆われます。ですのでシロアリは鉄筋を食い荒らして進むのではなく、鉄の無いところから侵入し、同じく鉄ではなく木材を使用した床や壁などに巣を築きます

基礎を鉄板で覆っているのならともかく、普通の構造の住宅では骨格以外の建材に木を使いますので、隙間から侵入してきたシロアリにとってはどちらにしてもコロニーを築ける環境が整っていることになります。鉄筋を使用した住宅の場合も断熱材を使用します。これが巣や蟻道を作るのに快適な環境や素材となり、それらを利用してコロニーが作られることもあります。

シロアリの体の構造とも関係している

興味深いことに、シロアリは視覚で物を捉えるのではなく、二本の触角を頼りに周りを感知しています。ですので建材や柱が鉄でできていようとそれに沿って進み、隙間や木材のある場所まで来たならそこから穴を開けることができます。この場合、鉄筋やコンクリートの建造物を見て考えたりしないのが強みとなっています。

完全に地面から隔離したり、基礎の段階で継ぎ目なく鉄板で塞いでいるのでもない限り、シロアリを完全に防ぐのは非常に難しいのです。確かに柱や梁などの建材が鉄筋、または壁がコンクリートでできていれば、その部分がかじられる心配をする必要がないのは確かです。あくまで可能性として、鉄筋やコンクリートの建物でもシロアリには侵入する隙間があるということです。

鉄筋やコンクリート造のシロアリ対策とは?

「一本打ち」と呼ばれる基礎工法を採用すると、隙間を作らずに基礎を打ち、シロアリの侵入を防ぐことができます。また、引き続きシロアリ防除は有効です。

鉄筋またはコンクリートの建物なら、比較的シロアリの被害が少ないですから、シロアリを防ぐという観点で施工を検討できるでしょう。予防剤や忌避性の高い薬剤を散布することで、かなり防御力の高い状態に仕上げられます。ベイト工法で敷地内のシロアリを一掃することも有効でしょう。

まとめ

鉄筋の住宅でも油断は禁物ですが、シロアリに対して防御を行いやすいのは確かです。予防作業もしっかり行って、スキのない状態に仕上げておくことをおすすめします。