シロアリ駆除は基本的に絶滅を目指します。しかしどんなプロにお願いしても生物を扱う以上、シロアリ再発の可能性はゼロにはなりません。

たとえ完璧な施工だったとしても、それが今後永劫に効果を発揮すると考えるのも現実的ではないでしょう。大抵の業者は「5年保証」を謳い、万が一シロアリが再発生しても無料でアフターサービスを行ってくれます。

アフターサービスの内容

アフターサービスを確認しようシロアリ駆除の場合のアフターサービスとは、再発生した場合に再度駆除を行ったり、必要な点検や補修を行うことが含まれます。家屋の調査を再度行い、シロアリの再侵入がないか、新しいコロニーや蟻道が作られていないかなどを点検し、駆除作業の効果がきちんと発揮されているかを点検します。

湿気はシロアリの大好物ですので、もし雨漏りが発生しているならその部分も調査も行い、補修や新しい対策の提案も出されます。基本的には定評のある駆除業者ならアフターサービスを用意しているものですが、もしそれらがないなら、シロアリ発生の度に自分で費用を全額負担することになるでしょう。

保障期間

薬剤の効果が大抵5年です。意外と短いように思われるかもしれませんが、生物相手の予防効果で、しかもその家屋には人が住むことも考えると、シロアリを含めた生き物を滅ぼしてしまうほどの強い薬剤は危険すぎます

また臭いや健康への悪影響など、殺虫剤であるだけに生活にいくらかの影響を及ぼすものを不必要にまき散らすこともできないでしょう。生活や近隣、生態系への影響を考えて、薬剤は5年程度の効き目でコントロールするように設計されています

保証内容の確認を

残念ながら、すべての専門業者が優良で親切な対応をしてくれるとは限りません。評判の良いところでも、対応する人によって印象が変わったりすることもあるでしょう。

ですので契約の際には、保証期間や何が保証の対象になっているか、シロアリが再発生した場合の補償内容や点検の有無など、自分が契約する中身を書面でしっかり確認してください。

保証書として紙で発行してもらうようにするのも良いでしょう。相手が親切な対応をしてくれるのに越したことはありませんが、自分で契約する前に確認することは不可欠です。

まとめ

シロアリ駆除は時として長丁場になることがあります。きちんと予防したのに、あるいはきちんと駆除したのに再発生するとがっかりするでしょう。そのためのサービスはありますが、それらを契約前に確認して、万が一のケースに備えましょう